参加手続き

参加申請手続き

@資料請求
公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター/骨粗鬆症至適療法研究支援事業事務局に、研究資料の請求をしてください。
先生宛に資料を送付いたします。
TEL:03-5287-2638  E-MAIL:a-top@csp.or.jp  FAX:03-5287-2634
A資料確認
「研究実施計画書」等の資料を確認してください。
BWEBによる参加申請
A-TOP研究会のホームページ(http://www.a-top.jp/)から、参加申請手続きを行ってください。
入力後、「参加申請書」をプリントアウトして、押印の上、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター/骨粗鬆症至適療法研究支援事業事務局宛に郵送下さい。
C倫理判定等
<自施設または関連施設での審査を予定している場合>
所属医療機関の手続き規定(例:院内の倫理委員会に申請する等)を確認してください。
必要な場合は、自らが手続きを行ってください。
倫理審査終了後に結果通知書を公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター/骨粗鬆症至適療法研究支援事業事務局宛までFAX してください(orコピーを 郵送してください)。
<A-TOP研究会(中央)での倫理審査を依頼したい場合>
院内の手続き規定がない場合(例:クリニック等で特に医療機関として手続き規定がない等)、A-TOP倫理委員会での倫理審査を受けていただきます。
「BWEBによる参加申請」の際にA-TOP倫理委員会の依頼書を同時に作成し、押印後(施設の長の押印も必要)に郵送してください。
Dデータ収集、担当者の訪問
データ収集担当者が事前連絡の上(アポイント取得)、先生を訪問します。
担当者は研究用資材の搬入、研究実施に関しての詳細説明等を実施します。
恐れ入りますが、担当者訪問時は十分な時間を頂戴いたしたく、お願い申し上げます(約40分)。
E研究開始
準備が出来ましたら、研究の開始となります。
観察症例数に応じて研究費を助成いたします(データ取得を確認後)。

A-TOP研究に参加する場合の必要条件

  • 日常的に骨粗鬆症診療を行っている
  • DXA法、MD法などで骨密度測定が可能である
    ※超音波法では参加できません
  • 胸椎・腰椎の椎体骨X線撮影が可能である
  • インフォームドコンセントで患者さんの書面同意取得が可能である
  • 長期の観察が可能である

A-TOP研究に参加した場合のメリット

  • 骨粗鬆症治療に関する最新情報を入手できる
  • 登録例数(データ取得状況による)に応じて研究費の助成を受けることができる